「電線に情報が伝う」

仮名文字で得た細密な筆法を筆記体に生かす表現を目指した。

電線の部分が筆記体。

葦手絵とは、絵のなかに融けあうように文字を配する表現方法で、

古くは平安時代から行われてきた。

この手法を現代において生かすことはできないかと考えた作品。

________________

書家 書道家 根本知 Nemoto Satoshi オフィシャルサイト

(神楽坂書道教室)