平安時代の仮名文字を中心に日本の美を学んでいきます。

また、日本独自の柔らかさをもつ和様の漢字やペン習字などを通して、

手紙や茶会記、香記など実用的な書の書き方も指導いたします。

それとともに和歌文学や茶の湯、絵画の歴史など

周辺分野にも及んで考えていくことで、

美術館がより一層楽しくなるような鑑賞眼を養います。

—————————————————————————————————-

【黄鶴会 kizurukai】名の由来/[黄鶴koukaku楼]

※中国にかつて実在した楼閣で、

李白の漢詩「黄鶴楼にて孟浩然の広陵に之くを送る」

でその名が知られる。

黄鶴楼には以下のような伝承が残る。

― 伝承 ―

ある酒屋に、みすぼらしい身なりをした老人がやってきて

酒を呑ませてほしいと頼んだ。

主人は嫌な顔をせずタダで酒を飲ませた。

それがしばらく続いたある日、老人は酒代のかわりだとして

ミカンの皮で黄色い鶴を壁に描き、去っていった。

ただ不思議なことに、

その壁の鶴は客の手拍子に合わせて舞うのだった。

評判となった店は繁盛し、主人は富を築いた。

その後、再び老人が店に現れる。

笛を吹いた老人は、壁から抜け出した黄鶴にまたがり、

白雲へと飛び去ったのである。

________________

その後、築いた富で建立したのが黄鶴楼。

この伝承の主人のように、無欲で知識をわけ与えたい。

皆さまが白雲へと飛び立てるように。

________________

書家 書道家 根本知 Nemoto Satoshi オフィシャルサイト

(神楽坂書道教室)